幼馴染の女友達から、久々に電話をもらった。

健康診断・検診が大事だと思った事
健康診断・検診が大事だと思った事
健康診断・検診が大事だと思った事

幼馴染の女友達から、久々に電話をもらった

● 45歳 女性
幼馴染の女友達から、久々に電話をもらった。
何気ない日常の話題から始まったこの電話、でも彼女の様子がそこはかとなくおかしい。「なんかあった?」と聞くと、一瞬黙った後、「乳がんがみつかったの」と思いのほか明るい口調で打ち明けられた。健診で引っかかって再検査したところ、乳がんステージ2で、もうすぐ入院して手術すると、ピクニックに行く予定を話すかのように明るい口調の彼女だった。私も暗い声は出せず、「でも早めに分かって良かったね。頑張ってきてね。今度またお茶しようよ」と言って電話を切った。
電話を切った後、あまりのショックで泣き崩れてしまった。その後、しばらくして彼女は入院し、手術を受けた。幸い開いてみたら転移もなく、無事手術が済んだのだが、今後放射線治療は続けていかなくてはいけないし、まだまだ予断は許さないというのは変わらない。
先日、久々に待ち合わせをしてお茶した時に、彼女に言われたことがある。「乳がん検診、絶対受けてね」と。今までは抵抗があり面倒で、つい敬遠していた乳がん検診、今後は必ず受けようと思った。

比べてお得!

Copyright (C)2017健康診断・検診が大事だと思った事.All rights reserved.