40代になったばかりの時、職場で毎年行われている健康診断で「要精密検査」とされたことがあります。

健康診断・検診が大事だと思った事
健康診断・検診が大事だと思った事
健康診断・検診が大事だと思った事

40代になったばかりの時

● 56歳 男性
40代になったばかりの時、職場で毎年行われている健康診断で「要精密検査」とされたことがあります。検便で出血が確認されたため、大腸の精密検査を受けなさいという指導がありました。

近くの総合病院で大腸の内視鏡検査を受けたのですが、腸壁にポリープが出来ていることが分かりました。
幸いなことに悪性ではなく、その時点では癌になる恐れはあまりないのですが、放っておくとがん化する恐れもあるため、念のため摘出してもらいました。

中年を過ぎると、ガンを発症する割合が高くなります。私は今50代半ばですが、先輩や同級生の中には、ガンで亡くなった方が何人かいます。どんな病気でもそうですが、特にガンの場合は、早期発見早期治療が大事です。
最近は、がん治療も進歩していて、早期に発見できれば、完治する割合も高くなっています。
私の場合は、良性のポリープでガンではなかったのですが、定期的に検診を受けることの重要性を痛感させられました。

比べてお得!

Copyright (C)2017健康診断・検診が大事だと思った事.All rights reserved.