会社の健康診断の貧血検査に、引っかかってしまった。

健康診断・検診が大事だと思った事
健康診断・検診が大事だと思った事
健康診断・検診が大事だと思った事

会社の健康診断の貧血検査に、引っかかってしまった

● 31歳 女性
会社の健康診断の貧血検査に、引っかかってしまった。全く自覚症状がなく、ふらつくこともなければ、だるいと感じたこともない。だから、健康診断を受けた病院から直接電話がかかってきて、「数値としてよろしくない数字だから、すぐにでも病院を受診しなさい」と言われた時には、驚き戸惑った。
別に不調は感じなから大丈夫と思っていた。それでも、検診票が戻ってきて、貧血の欄にEとついていた時には動揺した。
経過観察・要精密検査をすっ飛ばして、要医療となった。近所の病院に検診票を持参すると医者には呆れられた。「よくこんな状態まで放っておいたね」と言われ、再び血液検査を行い鉄剤を処方された。
その日から、食卓には必ず、ホウレンソウとレバーが並び、鉄を多く含む食材を食べるよう努めた。不思議なことに、病院にかかり鉄分を気にするようになってから、立ちくらみが起こるようになった。今までは、貧血を自覚できないほど悪い状態になっていたらしい。
意識したことで数値はだいぶ良くなり、今では健康診断を受けてもCの経過観察で落ち着いている。放っておいたらどうなっていたのだろうと考えるとぞっとした。

比べてお得!

Copyright (C)2017健康診断・検診が大事だと思った事.All rights reserved.